HOME > 女性の病気 > 子宮内膜症

胱痛の子宮内膜症、排尿痛の子宮内膜症、性交痛の子宮内膜症

子宮内膜症

【症状・説明】

子宮の内側をおおう子宮内膜は、周期的に再生、増殖、分泌、月経の4つ のサイクルを繰り返している。
しかし、これと同じ変化が内腔以外の場所 に拡大し、増殖した場合は子宮内膜症という病気になる。その場所は子宮 筋層内、卵巣、卵管、小腸、直腸、膀胱などさまざまである。

これらの場所にできた内膜症も周期的に変化し、血液はその周辺にたまっ ていく。それにより、様々な症状があらわれる。 初期の段階ではそれほど症状がない。
しかし進行するとひどい月経痛があ らわれ、痛みは下腹部から肛門まで起こるようになる。さらに症状がすす むと周囲の臓器に癒着することもあり、月経に関係なく痛みが激しくなり、 不妊症の原因になったり、卵巣嚢腫になったりする。

他の症状としては膀胱痛、排尿痛、性交痛、体の冷え、下痢や便秘などが あげられる。 子宮内膜症は、妊娠したことのない人や高齢初産の人に多く、20代後半から30代にか けてよくみられる。

【原因】

はっきりとした原因は明らかにされていない。しかし、月経時に剥離した 子宮内膜組織は、普通は膣を通り外へ流れるが、その一部が卵管を逆流し て腹腔内に着床し、増殖すると考えられている。

他にも、ストレスや食生活の欧米化、疲労、環境ホルモンなどによりホル モンのバランスが崩れ、卵巣機能の働きが悪くなるために起こるといわれ ている。また、近年アレルギーとの関連も指摘されている。

【対策】

子宮内膜症の原因が明らかにされていないため、決め手となる予防法はな い。しかし、ストレスや食生活など、生活習慣とホルモンのバランスの関 わりを指摘されているので、それらを予防・改善することが第一である。

強いストレスは避け、リラックスした生活をおくることを心がける。体の 冷えに気をつける。適度な運動は血流を促進し、ストレスの発散にもなる ので、進んで取り入れる。タバコはやめ、アルコールの多飲を控える。

食事の面では、不足しがちなビタミン、鉄分、ミネラル類を摂取するとと もに、乳製品や緑黄色野菜、肉類、魚介類、大豆製品をバランスよく摂取 すること。コレステロールの高い食品や、加工食品、添加物の多い食品を 避け、塩分や水分も摂り過ぎないようにする。

子宮内膜症は、ひどい月経痛があるばかりでなく、不妊症の原因にもなる ので、早期発見・早期治療が大切だ。そのためにも、年に一回は婦人科で 検診を受けるようにしたい。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved