HOME > 女性の病気 > 生理不順

ストレスや自律神経の失調が原因の生理不順、疲労が原因の生理不順、栄養障害が原因の生理不順

生理不順

【症状・説明】

生理(月経)は、卵巣から出る女性ホルモンの作用で起こる。卵巣は、卵 胞ホルモンや黄体ホルモンを分泌したり、排卵したりする働きがある。こ れらの働きは周期的で、普通28日前後の周期で起こるので、生理はだいた い1か月毎にあることになる。周期は個人差があり、28日周期でなくても、 25周期〜38日周期であれば、正常とされている。

生理不順といわれる状態は、このホルモンのバランスが崩れ、周期が不規 則になっている場合(卵巣機能不全)で、周期が一定でなかったり、25 日以内の場合や40日以上の場合には、生理不順と考えられる。

生理が始まって間もない10歳代の特に初経から数年の若い女性や、更年期 の女性の場合はあまり心配しなくてもよい場合もあるが、20〜30歳代の女 性の場合は何らかの異常があると考えられる。

また、長期にわたる生理不順は、ホルモン異常や他の病気が潜んでいる可 能性もあるので、専門医(婦人科)で受診した方がよい。

【原因】

生理不順は、ストレスや自律神経の失調、ホルモン分泌異常、疲労、栄養 障害、発育不良、痩せ過ぎ、肥満、極端な冷え性など様々な原因が重なっ て不順を起こすと考えられている。 最近の若い女性では、加工食品や栄養価の劣るジャンクフードの常食、極 端なダイエットのために生理不順となる人が増えている。

【対策】

生理不順には、生活習慣や食生活を改善することで予防したい。 規則正しく、決まった時間に食事を摂ること。食事時間のずれは、身体の リズムのずれにつながりホルモンの分泌を悪くする。また、加工食品や添 加物の入った食品は避け、栄養のバランスがとれた食事を心がける。

血行を促進するビタミンEや、新陳代謝を高めて身体を温めるエネルギーをつ くり出すビタミンB群、気分を安定させるカルシウム、月経には必要不可 欠のミネラルである鉄分など、不足しがちな栄養素も必要量しっかり摂る ことが重要である。大豆など良質のタンパク質を摂ることも忘れてはならない。

他にも、適度な運動を行うことや、体を冷やさない工夫をすること、スト レスをためないこと、無理なダイエットは避ける、充分な睡眠をとること などがあげられる。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved