HOME > 腎臓の病気 > ネフローゼ症候群

中性脂肪増加のネフローゼ症候群、高脂血症が現れるネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群

【症状・説明】

タンパク尿が多量に出て、血液中のタンパク質が減り、低タンパク血症を 起こすと、全身がむくんでくる。また、コレステロールや中性脂肪などが 増えて高脂血症が現れる。こういう症状が起こる腎臓病はたくさんあるが 、ひとまとめにしてネフローゼ症候群と呼ぶ。

腎の糸球体、特に糸球体基底膜に引き起こされる疾患であり、高度のタン パク尿、高度の浮腫、低タンパク血症等を伴い、単一疾患ではなく症候群 で、種々の病気によって起こる。

症状のうち、高度タンパク尿と低タンパク血症は必ずおこる症状であり、 高脂血症については、はっきり出現しないこともある。むくみは呼吸が困 難になるほど重い場合もあり、全身性のむくみを示すものから、下股を押 すとへこむ程度の軽いものまでみられる。

以上の主な症状の他に、血圧の 上昇や血尿の出現がみられることもある。ネフローゼが腎不全の状態に移 行することも少なくない。

【原因】

原因となる病気には、いろいろあるが、主な原因として、次のものがあげ られる。

原発性腎臓病(原発性糸球体疾患:糸球体腎炎、リポイドネフローゼ)
新陳代謝異常(糖尿病性腎炎、アミロイド症、多発性骨髄腫)
膠原病(エリテマトーデス、多発性動脈炎)
循環器疾患(腎動脈血栓症、下空動脈血栓症、癒着性心包炎)
感染症(梅毒、マラリアなど)
腎毒性物(水銀、金、ビスマスなど)
アレルゲンおよび薬物(花粉、はち毒、蛇毒、抗てんかん剤、ワクチンなど)
遺伝性疾患(先天性および家族性ネフローゼ)

これらの中で、原発性糸球体疾患、糖尿病腎炎、エリテマトーデスによる ものが多く、特に、成人場合では、糸球体疾患によるものが、80%を占 めている。

【対策】

腎臓の病気でも、腎機能が低下してむくみなどの症状がなければ、特別な 食事療法の必要はない。しかし高血圧やむくみ、動脈硬化が進行している 場合などは、その程度に応じて普段の半分、あるいは3分の1という具合 に食塩を減らす。塩分のコントロールが重要である。

また、ネフローゼに なると、たんぱく質が大量に失われるので、動物性たんぱくを補充するこ とが大切になる。

生活習慣も見直し、早寝早起きで睡眠を十分に取り規則正しい日常生活を 心がけることが大切である。過労を避けると共に軽い運動を毎日続けたり、 ストレスをためないようにする。


>>泌尿器科医学事典

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved