HOME > 自己免疫の病気 > 気管支ぜんそく

気道が炎症する気管支ぜんそく、唇や爪が紫色になる気管支ぜんそく

気管支ぜんそく

【症状・説明】

気管支ぜんそくは、急に呼吸、特に吐く息が苦しくなり、ぜいぜいひゅう ひゅう鳴る発作性の呼吸困難を主な症状とする疾患である。

気管支ぜんそくは、気道の慢性的な炎症によって起こる。気管支に炎症が 生じると、気管支の周囲をとりまいている平滑筋という筋肉がけいれんを 起こし収縮し、内腔が狭くなる。同時に、気管支の粘膜にむくみが生じた り、粘膜からの分泌物がたまったりして、ますます空気の通りが悪くなり、 喘鳴や呼吸困難が起こる。

ぜんそく発作は多くの場合、夜中から明け方にかけて起こり、日中はおさ まる。発作のないときにはほとんど正常であるが、いったん発作がおこる と、様々な症状があらわれる。
酸素不足のため血液がうっ血し、唇や爪が 紫色になる。顔色はまっさおになり、不安感をあらわして、ぜいぜいとい うぜんそく特有の端鳴と呼吸困難がひどく、ときには寝ていることもでき ず、すわってしまうことがある。

発作は30分から数時間、ときには数日 間つづくこともあるが、多くはせきと、透明でネバネバしたたんが出て治 まる。

さらに大発作になると、意識を失うこともあり、場合によっては窒息など を招くこともある。

【原因】

気管支ぜんそくは、気管支に炎症を引き起こす原因によって、アレルギー 型と非アレルギー型に大別される。

アレルギー型は、アレルギーの原因物質(アレルゲン)が体内に侵入する ことで、ぜんそく発作を起こす。そのアレルゲンには吸入性抗原であるハ ウスダスト(室内の埃)、花粉類、カビ、犬や猫の毛、ホコリ、ダニなど があげられる。
その他食事性抗原としてカニ、エビ、鶏卵、ウシ・ブタ肉、 魚類、あるいは野菜なども指摘されている。
また、薬品などが原因になる こともある。

アレルギー体質は、高い確率で遺伝するため、家族や親族に アレルギー性疾患をもった人がいると、ぜんそくを発症しやすいといわれ ている。

非アレルギー型は、アレルギー以外の原因によって発症するタイプである。 自律神経失調やホルモンの分泌の乱れが原因と考えられている。

また、季節の変わり目に起こる急激な温度の変化、精神的ストレスのほか、 工場の排煙や車の排気ガスなどによる大気汚染、タバコの煙、建材や殺虫 剤に含まれる化学物質、食品添加物などが発作の引き金として影響する。

【対策】

気管支ぜんそくの発作を予防したり、症状を悪化させないようにするには、 まず気道を刺激する物質やアレルゲンを特定し、身の回りから除去する。
ハウスダストやダニを除去するために、こまめに掃除して、部屋の中を清 潔に保つようにする。蚊取り線香や香水、化粧品、殺虫剤、衣類の防虫剤 などのニオイも発作の誘因となることがあるので、なるべく使用を避ける か、近づかないようにすること。

生活習慣を見直すことも重要だ。タバコは吸わず、アルコールを過度に飲 まない。適度に続けられる運動、冷水まさつや冷水シャワーを行うことで、 体そのものを強くする。

また、自己免疫の過剰な反応により、炎症を起してしまうこの病気では、 炎症を抑える事と免疫の調整をしてくれる食べ物を摂ることが大切である。 炎症を抑えるためにビタミン、特にA、C、Eをバランス良く摂る。

また免疫調整として、きのこや玄米を毎日の食事に積極的に取り入れたい。


>>呼吸器科医学事典

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved