HOME > 心臓の病気 > 心不全

急性心不全、うっ血性心不全、左心不全、右心不全

心不全

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

心不全とは、心臓のポンプとしての機能が衰え、血液を十分に送り出した り、戻ってきた血液をうまく取り入れられなくなった状態をいう。心臓弁 膜症や高血圧、冠状動脈硬化、心筋梗塞、などあらゆる心臓疾患が最終的 に至る症候群を意味する。

心不全はその出現の仕方により2つに区別され ており、心筋梗塞などによって起こる場合を急性心不全、高血圧症や心臓 弁膜症などによって徐々に起こってくる場合をうっ血性心不全と呼んでい る。又、左心室の機能の低下による心不全を左心不全、右心室の機能の低 下による心不全を右心不全という。

心不全の症状としては、動悸や息切れ、呼吸困難、むくみである。最初は 坂道や階段を上る時に動悸や息切れが起こり、病状が進行すると平地を歩 いても息苦しくなる。さらに進むと、夜、床につくと咳が出たり、息苦し さで寝られなくなったりする。

また足にむくみが出ることもある。他にも 倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、動悸、不整脈、尿量減少、浮腫、 呼吸困難、喀痰増加など。日常的には、脈拍が速くなる(100/分以上が続 く。)というのが分かりやすい指標。

これらの症状は、ポンプ機能低下に伴い全身の臓器に十分な血液が流れな いことから起こる症状と、全身の血液が心臓に戻りにくく、うっ滞するこ とによって起こる症状に分けられる。

【原因】

左心不全の場合は左心室の動きの低下により、充分な血液量を大動脈に送 り出せなくなり、肺にうっ血が起こる。そのため肺は酸素と炭酸ガスの交 換が充分に行えなくなり、息切れ、せきを引き起こす。左心不全を誘因す る病気には心筋梗塞、冠状動脈硬化症、高血圧症などがあげられる。

右心不全は右心室の機能が低下し、大静脈にうっ血を生じ、そのために静 脈圧が上昇して血管内から水分が組織にもれ、むくみや腹水が起こる。肝 臓の腫れも大動脈のうっ血に起因する。

また、心不全の悪化要因として、塩分の多い食事や過剰の飲水、精神的・ 肉体的ストレス、過労、呼吸不全、感染、消化器疾患などの合併、などが 上げられる。

【対策】

心不全を含む心臓疾患の対策として、生活習慣・食生活を見直すことが基 本となる。運動不足、喫煙、脂肪分・コレストロールの高い食事、コレス トロール値が高い、親族に心臓疾患を患った人がいる、太りすぎ、過度の 飲酒、ストレス、高血圧、糖尿病、45歳以上の男性、55歳以上の女性、 どれか一つでもあてはまるようなら要注意だ。動脈硬化、高血圧を防ぐ食 品を摂ること、適度な運動を心がける。

心機能が低下している人に対しては、@水分制限、塩分制限、A安静時間 の確保(特に食後、入浴後)、B薬物療法、を行う。自覚症状に応じて、 安静時間の確保が重要である。食事中の塩分は最低でも10g以下(6〜7g/ 日以下)に制限し、水分は体格にもよるが、1000ml/日を目安にする。

また、習慣として、食後・入浴後の安静時間を確保する。特に入浴は心臓 に対して非常に負担になることが確認されており、心機能の低下がみられ るとき入浴回数を制限し、湯温・入浴時間にも注意を払う。また、安静と は体の安静だけでなく、精神の安静も大事である。寝たままといっても、 長距離の移動はそれだけでかなりの負担となる。旅行や外泊にも注意を要 する。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved