HOME > 食材の栄養 > わけぎ

わけぎ カルシウム カロチン ビタミンC ビタミンB群 鉄

わけぎ

わけぎ

わけぎの栄養素(食材100g当たり)

・カロチンが2700μg
・鉄が0.4mg
・カリウムが230mg
・ビタミンCが37mg
・ビタミンB1が0.06mg
・ビタミンB2が0.1mg

わけぎの健康効果

わけぎは、ねぎとたまねぎの雑種で、緑黄色野菜の一つである。根元が多くの株に別れた葱(ねぎ)の意味で「分葱(わけぎ)」という。ねぎと比べて刺激臭や辛みが少なく、独特の香りと甘みがあり、β(ベータ)−カロチン、ビタミンCなどの栄養素を豊富に含んでいる。

β−カロチンは、活性酸素の働きを抑制する作用があり、ガンを防ぐ効果がある。また、皮膚・粘膜・目の網膜を健康に保つ作用のほか、風邪の予防、つまり免疫力を強化し細菌やウイルスから身体を守る働きがある。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を促し、しわを予防する作用や、メラニンの生成を抑えシミを予防する働きがある。肌の悩みを抱えている人は積極的に摂りたい栄養素だ。さらにわけぎには、便秘を改善し整腸作用のある食物繊維、体内に蓄積されたナトリウム(塩分)の排泄を促し高血圧を予防するカリウム、貧血予防の効果がある鉄などの栄養成分も多く含んでいる。
ほかにもわけぎには、ねぎと共通する効能もあり、疲労回復、食欲増進に最適な食材である。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved