HOME > 食材の栄養 > 青梗菜(チンゲンサイ)

青梗菜(チンゲンサイ) β−カロチン ビタミンC 食物繊維

青梗菜(チンゲンサイ)

青梗菜(チンゲンサイ)

青梗菜(チンゲンサイ)の栄養素(食材100g当たり)

・カロチンが1,800μg
・ビタミンCが24mg
・鉄が1.1mg
・食物繊維が1.4g

青梗菜(チンゲンサイ)の健康効果

中華料理でよく見かける緑黄色野菜の一つである青梗菜(チンゲン菜)。青梗菜は、ビタミンC、β(ベータ)−カロチンなどのビタミン群、鉄・カルシウム・リンなどのミネラル成分、食物繊維を豊富に含み、特にβ−カロチンはピーマンの約6倍も多く含んでいる。

β−カロチンは、活性酸素の働きを抑制する作用によりガンを予防。 また免疫力を活性化し、風邪を予防する効果がある。さらにβ−カロチンは、体内で必要なだけビタミンAに変化する成分である。ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎ、潤いを与えてくれるビタミンである。 また、目との関係が深く、パソコンの使いすぎで目が疲れている現代人に多いドライアイを防ぐ役割もある。

これらの栄養成分により青梗菜は、風邪の予防、肌や皮膚を若々しく保つ美肌作用、貧血の予防、便秘を改善、生活習慣病(成人病)の予防など様々な効果が期待できる。

青梗菜は油との相性が良く、炒めたり、茹でたりすることによって色付きが良くなる上にビタミンの吸収が良くなることから、炒め物やスープなどの料理に用いるのがお勧めである。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved