HOME > 食材の栄養 > 紫蘇(シソ)

紫蘇(シソ) α−リノレン酸 カロチン カルシウム ビタミンB群 鉄

紫蘇(シソ)

紫蘇(シソ)

紫蘇(シソ)の栄養素(食材100g当たり)

・カロチンが8,700μg
・ビタミンB2が0.32mg
・ビタミンCが55mg
・カルシウムが220mg
・鉄が1.6mg
・カリウムが470mg
・食物繊維が1.5g

紫蘇(シソ)の健康効果

紫蘇(シソ)は、和食を引き立てる香味野菜として様々な料理に広く使用されている。紫蘇特有の香りの元は、ペリルアルデヒドという成分で、臭覚神経を刺激して胃液の分泌を促し、食欲を増進させるほか、健胃作用もあるといわれている。 さらにペリルアルデヒドは、強い防腐作用を持ち、食中毒の予防にも役立つ。

紫蘇の栄養成分では、体内でビタミンAに変わるβ(ベータ)−カロチンの含有量が多く、野菜の中でトップクラスである。 β−カロチンには、活性酸素の生成を防ぐ抗酸化作用があり、がんの予防に効果がある。また紫蘇には、骨や歯を丈夫にするカルシウム、貧血を防ぐ鉄、ナトリウム(塩分)を排出し高血圧・むくみを予防するカリウム、便通を促す食物繊維、ビタミンB1・B2・Cなども多く含まれている。

さらに、近年シソ科植物の種子から抽出したシソ油が注目されている。シソ油に豊富に含まれる不飽和脂肪酸『α(アルファ)−リノレン酸』は、体内でEPA(エイコサペンタエン酸)に変化し、血栓を防ぎ、血液の流れをサラサラにする働きがある。 脳卒中、心臓病などの成人病を効果的に予防する。 また、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の症状を軽減する効果もあると言われている。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved