HOME > 食材の栄養 > 里芋

里芋 ガラクタン ムチン 食物繊維 ビタミンB1 カリウム

里芋

里芋

里芋の栄養素(食材100g当たり)

・食物繊維が2.3g
・カルシウムが10mg
・鉄が0.5mg
・カリウムが640mg
・ビタミンB1が0.07mg

里芋の健康効果

里芋(さといも)の主成分はでんぷん質であるが、水分が多いので芋類の中では低カロリーである。里芋独特のぬめりは、水溶性食物繊維であるガラクタンとムチンによるもので、炭水化物とたんぱく質の結合したものである。

ガラクタンは、免疫性を高め、がんの発生・進行を防ぎ、風邪の予防にも働く成分である。 さらに消化を促進する作用もあり、整腸と便秘の解消に大変効果的だ。

ムチンは、体内に入るとグルクロ酸に変わり、胃や腸壁の潰瘍を予防し肝臓を強化する働きがあり、たんぱく質の消化吸収を助ける作用や、滋養強壮作用もある。また里芋には、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出し、高血圧やむくみを防ぐカリウム、糖質の分解を助けるビタミンB1、便通を促し、体内のコレステロールや毒素を排泄する食物繊維などが豊富に含まれている。

胃腸の調子を整え、食欲も増進させる効果もある低カロリーの里芋は、便秘で悩む方、ダイエットしたい方、健康を考える方にお勧めの食材である。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved