HOME > 食材の栄養 > メロン

メロン オキシカイン カロチン ビタミンC カリウム ペクチン

メロン

メロン

メロンの栄養素(食材100g当り)

・カリウムが320mg
・ビタミンA(カロチン)が450μg
・ビタミンCが40mg
・食物繊維(ペクチン)が0.6g

メロンの健康効果

高級フルーツの代名詞と言われ、栄養価も高いメロン。メロンには、カロチンやビタミンCなどのビタミン群や、カリウムなどミネラル成分も豊富に含まれている。メロン可食部100gあたりのカリウム含有量は320mgで、これは同じようにカリウムが多く含まれるスイカの210mgと比較しても非常に多い。

カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する作用や、体内水分バランスを整え利尿を促す働きがあり、むくみの改善、腎臓病や高血圧の予防に効果がある。 塩分を多く摂りがちな日本人の食生活にとって、おいしいだけでなく体の健康にも良い食品といえる。

また、メロンの果肉には食物繊維であるペクチンが多いので、腸内を活性化し便秘を改善、美肌にも効果的である。

メロンの主成分である糖質は果糖・ブドウ糖・ショ糖などで、吸収が早く、疲労を回復させたり、心身を健やかに保つ効果がある。

また、近年メロンの改良種から抽出した『オキシカイン』という成分が、新世代の抗酸化物質として注目されている。
このオキシカインは、人体内で活性酸素を抑える「SOD酵素」を活性化させる作用があり、それによりガンの発生や進行、体の老化(酸化)を抑える働きや、脳・肝機能を活性化する効果があるといわれている。 
さらに、疲労の原因となる乳酸を減少させる作用も確認されている。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved