HOME > 食材の栄養 > まいたけ(舞茸)

まいたけ(舞茸) β−グルカン MD−フラクション 食物繊維 ビタミンD

まいたけ(舞茸)

まいたけ(舞茸)の栄養素(食材100g当たり)

・食物繊維が3.5g
・ビタミンDが100IU
・ビタミンB1が0.25mg
・鉄が0.5mg
・カリウムが330mg

まいたけ(舞茸)の健康効果

まいたけ(舞茸・マイタケ)はサルノコシカケ科のキノコで、独特の香りと歯ごたえが好まれて、日本では1975年頃から食用キノコとして人工栽培されている。
まいたけには、タンパク質や糖質のほか、カリウムや鉄などのミネラル、ビタミンB群やビタミンD、食物繊維など豊富な栄養素が含まれている。

まいたけの有効成分は、子実体(まいたけ本体)に含まれるβ(ベータ)−グルカンである。このβ−グルカンを精製させると『MD−フラクション』という成分が得られる。
このMD−フラクションに高い抗酸化力、免疫力を活性化する働きがあることが近年発見され、がんの発生・増殖を予防する成分として注目されている。

さらに、まいたけには、含まれる栄養素により様々な健康効果がある。
血圧の上昇を抑え高血圧を予防する、脂肪を分解・つきにくくさせ肥満予防に役立つ、便秘を改善し大腸がんを防ぐ、肝機能を活性化する、血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する、コレステロールを減少させ動脈効果や心筋梗塞を防ぐ、などが挙げられる。

生活習慣病(成人病)を効果的に予防し、なおかつ低カロリーでダイエットにも役立つまいたけは、ぜひお勧めしたい健康食材である。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved