HOME > 食材の栄養 > かに(蟹)

かに キチン キトサン アスタサンチン タウリン 鉄分 カルシウム

かに(蟹)

かに(蟹)

かにの栄養素(食材100g当り)

・ビタミンB1が0.05mg
・銅が1,100μg
・亜鉛が3.7mg

かにの健康効果

日本人に人気の食材であるかに。かには、他の魚と比べても、高タンパク、 低カロリーであり、種類によって違うが、良質のタンパク質を15〜20 %も含み、脂質や糖分はほとんど含まず、ダイエットに適した食品である。

かにをゆでると赤くなるのは、強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンと いうカロチン色素のためで、カロチンは摂取すると体内でビタミンAに変 わり、動脈硬化やがんの予防、老化を抑えるなどの効果がある。

またかにには、アミノ酸の一種のタウリンが豊富に含まれている。タウリ ンは、血圧を正常にし、心肺機能の強化、貧血の予防、悪玉コレステロー ルの減少に効果があるほか、肝臓の強化、胆石や動脈硬化の予防、疲労回 復や視力の向上、生活習慣病(成人病)の予防などにも有効だ。

さらにかにの殻には、キチンやキトサンといったキチン質が大量に含まれ ている。かにに含まれるキチン質は、体の自然治癒力を高め、免疫力を増 強し、血圧を下げる作用がある。また、血中コレステロールを下げる作用 も確認され、ガン、肝炎、アレルギー疾患、糖尿病、腎臓病、心臓疾患、 白内障、神経痛などに効果があると言われている。

またかにの殻には、カルシウムが豊富であり、殻ごと食べられる沢がにな どは、有効なカルシウム源となり、骨粗鬆症の予防、ストレスの抑制に効 果がある。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved