HOME > 食材の栄養 > 枝豆

枝豆 カルシウム カロチン ビタミンC ビタミンB群 鉄 カリウム

枝豆

枝豆

枝豆の栄養素(食材100g当たり)

・カルシウムが58mg
・カリウムが590mg
・カロチンが260μg
・ビタミンB1が0.31mg
・ビタミンB2が0.15mg
・ビタミンCが27mg

枝豆の健康効果

枝豆は大豆の未熟豆のことを指し、豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った緑黄色野菜である。 枝豆にはタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維、鉄分などが豊富に含まれている。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変え、体内で疲労物質に変わるのを防ぎ、新陳代謝を促し、疲労から来るスタミナ不足の解消に効果がある。
食物繊維は便秘の改善に、鉄分は悪性貧血の予防効果がある。

また枝豆には、大豆には含まれていないビタミンA、ビタミンCも含み、枝豆のタンパク質に含まれるメチオニンはビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を促し、肝機能の働きを助けてくれるため、飲み過ぎや二日酔いを防止する働きがある。
夏場に好んでビールのつまみとして食べられるのはこのような理由からである。

さらに枝豆には、高血圧の原因となるナトリウム(塩分)の排出を助け、利尿作用を促すカリウムを多く含んでいる。
体内の水分量を調節し、むくみの解消にもカリウムは効果的に働く。

夏バテの原因である食欲不振から来る栄養不足の解消に、ぜひ枝豆をお勧めしたい。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved