HOME > 食材の栄養 > 大豆

大豆 イソフラボン レシチン サボニン ビタミンE 鉄分 カルシウム

大豆

大豆

大豆の栄養素(食材100g当り)

・食物繊維が2.1g
・カルシウムが70mg
・カリウムが570mg
・鉄分が2.0mg

大豆の健康効果

大豆は、『畑の肉』といわれるほど良質のタンパク質を30%以上(肉の タンパク質が約20%)も含むすばらしいタンパク源である。
しかも大豆 は、必須アミノ酸のバランスも、比較的よくとれており、タンパク質のほ かに、植物性油脂やビタミンB1・E、カルシウム、鉄分なども豊富で、 さらにレシチン、サポニン、イソフラボンなど大豆特有の成分もある。

大豆に含まれる脂肪酸のリノール酸やリノレン酸、リン脂質のレシチンに は、コレステロールを下げたり、抗酸化作用(活性酸素を抑え、体の老化 ・酸化を防ぐ作用)があり、またサポニンにも、抗酸化やコレステロール 低下、抗肥満作用がある。
したがって大豆は、動脈硬化や高血圧、糖尿病、 肝臓病、肥満など、生活習慣病の予防にたいへん有効だ。

さらに大豆は、神経伝達物質のアセチルコリンを生成し、学習能力の向上 や、老化によるボケの予防効果も期待できる。
最近では、大豆のイソフラボンに女性ホルモン様作用があることも分かり、 女性ホルモンの減少による更年期障害、骨粗鬆症も、イソフラボンである 程度改善できる。

食の栄養 食材の栄養 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved