HOME > その他 > 過敏性肺炎

かびや細菌などの吸入でおこる過敏性肺炎

過敏性肺炎

【症状・説明】

過敏性肺炎はかびや細菌などを含んだ塵や埃、化学物質などを吸入してい るうちに、気管支の先の部分でアレルギー反応が起こった結果発病する、 「びまん性肉芽腫性間質性肺炎」のことを言い、外因性アレルギー性肺胞 炎ともよばれている。症状が軽い場合は特別な治療はしないで環境を改善 するなどで十分である。

発熱、咳などの症状があり、進行すると呼吸困難を伴うことがある。
多くの場合は抗原となるカビを吸い込んでから4〜6時間後に、咳や痰 ・発熱などの軽い風邪のような症状で始まる事が多い。
しかし、風邪だと 思って放っておくとどんどん症状が重くなり、次第に息切れなどの呼吸困 難を伴う肺炎の症状が現れるようになる。

症状は8〜12時間持続する が、その環境のままだと症状はそれ以降も続き、その環境から離れると数 日から10日で治ることが多い。

【原因】

過敏性肺炎はトリコスポロンというカビを、知らず知らずのうちに吸い込 むことによって起こる私たちにとって非常に身近な病気である。
エアコン が原因となる事が多いため、5月から10月の間だけ症状が現れることが 多い。トリコスポロンは他にも台所や浴室にも多く繁殖して発病する。

【対策】

カビの繁殖しやすい条件を作らないことが大切である。

カビの生育する条件

栄養:糖類を好むが、それ以外のものも条件がそろえば分解吸収して栄養 源にする

温度:5〜35℃の範囲で発育するが、20〜30℃が最も増殖しやすい 温度となる

湿度:湿度が60%を超えると発生しやすくなり、80%を超えるとあっ という間に増殖する

エアコン・加湿器・洗濯槽をまめに掃除する。 浴室・台所などの水周りは特に掃除をまめに行なうこと。カビの はえやすい季節は要注意したい。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved