HOME > その他 > 五十肩

40歳50歳を過ぎた方の肩の痛み五十肩、夜間や明け方に痛む五十肩

五十肩

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

40歳、或いは50歳を過ぎた頃に肩の痛みが発生すると、必ず下される 診断が五十肩(四十肩)である。しかしながら五十肩と呼ばれる肩の損傷の症状は様 々で、一概に同じ損傷と判断することは出来ない。

肩関節周囲炎や癒着性 関節包炎などが五十肩に相当する名称だが、実際には石灰性腱炎、肩峰下 インピンジメント症候群、腱板の裂傷、上腕二頭筋長頭腱炎などの損傷が 五十肩としてかたずけられている。
整形外科では、急性期の局所の安静や 鎮痛剤、皮ステロイド製抗炎症薬、ステロイドの注射などで症状を軽減さ せ、理学的処置で回復を観察する。

五十肩は、急性期には何もしなくても痛みがでる。(自発痛)が 、やがて徐々に動かすときに痛む(運動痛)だけとなる。特に髪を整えた り、着がえの動作など、手を前方に上げたり、側方に上げたり、回したり する(上腕骨を軸として、その軸の周りの回旋運動)が制限される。
夜間 や明け方に痛むことが多く、眠れなくなることがある。 老化による肩関 節周囲の炎症が原因となることが多い。日頃肩をあまり使わない人に多発 している。

【原因】

肩関節は筋・じん帯によって支えられているが、上腕をぶら下げている筋 肉が加齢とともに固くなり、さらに腕をあげる動作時に挟まれて圧迫され 、しだいに薄くなっていく。さらに血液の循環も悪くなってくる。そして 腱の部分がもろくなり、炎症が起こり易くなってしまう。

【対策】

マッサージなどで循環を良くしてあげると、痛みが和らぎ、動きが楽にな ってくる。
お風呂で暖めるのもひとつの方法である。痛いからと言って動 かさないでいると、ますます拘縮して固まって行く。
湯上がり後に温 まって動きが楽になっている内に、肩回し運動などを行うとよい。 疲労や痛みを残さない程度の肩の運動を習慣的に行うことが、最も効果的 な予防法である。

五十肩はこじらすと、半年、一年と苦しむ事が多い。早め早めに、毎日続 けて治療するのが早く治すコツとなる。またデスクワークなど同じ体勢を とることが多い場合は、なるべく意識して体を動かすのがよい。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved