HOME > その他 > 甲状腺機能亢進症

心理社会的要因のバセドウ病、イライラ感のバセドウ病、神経過敏のバセドウ病、情緒不安定のバセドウ病

甲状腺機能亢進症

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺におけるホルモンの産生および分泌が亢進 しているため、血液中の甲状腺ホルモンが上昇している状態を言う。
なか でも「バセドウ病」は自己の甲状腺に対する抗体(抗TSH抗体)が甲状腺を 刺激するために甲状腺が腫大し、ホルモンの産生、分泌が亢進する疾患と されている。患者数は女性が男性の4倍くらい多く、遺伝的素因が大きく 影響する自己免疫性疾患と考えられている。

我が国ではバセドウ病がその90%以上を占める。合併症としてはクリ ーゼ、悪性眼球突出症、甲状腺中毒症ミオパチー、甲状腺中毒性四肢麻痺 、眼球麻痺、重症筋無力症、糖尿病がある。

また、バセドウ病には古くから「驚愕バセドウ病」という呼び名があり 、近年の報告でも、精神的ストレスを受けた後に発症する例が多くみられ ることから、バセドウ病は心理社会的要因との関連が深い代表的な疾患の 一つとされている。

また、バセドウ病には発症以外に、病気自体の症状としても多彩な精神 症状(イライラ感、神経過敏、情緒不安定など)が見られることがあるた め、バセドウ病と気づかれずに精神疾患として治療されている場合もまれ にある。

このように、身体的な病気でありながら精神症状に対する対応が必要な 場合も少なくないことから、心身両面での治療を専門とする心療内科で扱 うことの多い疾患と考えられている。

【原因】

甲状腺機能亢進症の患者の70〜80%にびまん性中毒性甲状腺腫が見つかっ ている。これは血液の中の抗体が甲状腺を刺激し、甲状腺の成長を促して 多量の甲状腺ホルモンが分泌されるようになる。
このタイプの甲状腺機能 亢進症は遺伝する傾向があるがなぜ特定の人にこの病気が起こるのかとい うことは、まだわかっていない。
また、なぜ甲状腺の機能が時々活発にな り過ぎるのかもわかっていない。

【対策】

甲状腺機能亢進症・バセドウ病の治療には、大きく分けて薬物療法(抗甲状腺薬、β遮断薬な ど)、手術療法(甲状腺亜全摘術)、放射線ヨード療法の3種類があり、 身体的治療が基本となる。

しかし、最近では心理的なストレスが、バセドウ病の発症だけでなく経過 にも影響を及ぼすことを示唆する報告がみられることから、心理社会的な 面からのアプローチが治療上有効である可能性がある。
予防対策としてはバランスの取れた食事を保ち、ストレスをためないよ うに心がけることが大切である。

>>内分泌疾患リンク集

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved