HOME > その他 > ものもらい

まぶたから感染するものもらい、まばたきをした時に異物感があるものもらい

ものもらい

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

一般的には外麦粒腫を指すが、その他に内麦粒腫や霰粒腫を 意味するこ ともある。麦粒腫は、まぶたの表面についている細菌が分泌腺に入り感染 して化膿したものである。
普通に皮膚表面に存在する菌により起こるため 伝染はすることはない。
ひどくなると化膿してうみが出ることもある。

ものもらいの症状は 始めはかゆく、次第にまぶたが赤く腫れて痛むよう になる。ほとんどはまぶたの外側にできる外麦粒腫で、まばたきをした 時に異物感がある程度だが、内側にできる内麦粒腫はかなり痛みがある。
なお、「ものもらい」は地方によっては「めばちこ」、「めばち」、「め いぼ」、「めぼ」など様々な呼び方をされている。

また風邪と同様に、寝不足や気候の変わりめに できやすい性質である。 多くの場合は自然に膿(うみ)が出て来て自然に治るが、膿がたまって大 きくなった時には切開して膿を出して治療する場合もある。

【原因】

まぶたのふちにある脂腺に、細菌が感染して起こってくる。
原因となる細菌は、主にブドウ状球菌である。このブドウ状球菌の感染に より生じてくる。 まぶたの不衛生 コンタクトレンズの汚れ、体調不良、 多量の飲酒などが原因としてあげられる。

【対策】

ものもらいを治すには、抗生物質の点眼薬・眼軟膏などの外用薬や、内服 薬を用う。 薬を使うと2〜3日で症状が軽くなり、4〜5日すると治るのが 普通である。ある程度進行してしまったものは、切開して膿(うみ)を出す。

膿が出れば治るが、手が汚かったり、栄養不足など、環境によっては再 発することもあるので家庭でも、清潔とバランスのとれた食事を心がけま ることが必要となってくる。膿を出すために針などでつつくと、かえっ て悪化する原因になる。

予防対策
1. 甘いもの・ピーナツ・アイスクリームなどをあまり食べない
2. 顔を洗ったあとに、ベービーソープで再度目の縁を洗う
3. 温タオルを目の縁にあてる(お風呂の時に)。
4. 前髪が目に掛からないようにする
5. コンタクトレンズを不潔な指で脱着しない
6. 目の周りをしっかりと化粧しない
7. 花粉症でかゆくてもあまり目をこすらない
8. カロチンを多く含んだ食品を取るように心がける



>>感染症科医学事典
>>眼科医学事典

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
【PR】 a.src = g;

縺昴s縺ェ譎ゅッ縺ゥ縺縺吶k縺九∵ー励↓縺励↑縺上※螟ァ荳亥、ォ縺ァ縺吶

繝ッ繧ュ繧ャ繧豎苓ュ縺悟コ縺ェ縺縺溘a縺ォ繧ゅ√ヮ繧「繝ウ繝繧貞。励k繧ソ繧、繝溘Φ繧ー繧驥上↑縺ゥ繧偵@縺」縺九j縺ィ隕壹∴縺ヲ縺翫″縺セ縺励g縺縲

i['GoogleAnalyticsObject'] = r;

螳牙ソ縺励※蜈ィ霄ォ縺ョ豎怜ッセ遲悶∵ア励ず繝溷ッセ遲悶→縺励※豢サ逕ィ縺励∪縺励g縺縲

(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){

雉シ蜈・迚ケ蜈ク縺ィ縺励※繧ッ繝ェ繧「繝斐シ繝ォ繝「繧、繧ケ繝医r雋ー縺医k繧ュ繝」繝ウ繝壹シ繝ウ荳ュ縺ョ莉翫′縺雁セ励〒縺吶ョ縺ァ縲√♀譌ゥ繧√↓繝√ぉ繝繧ッ縺励※縺ソ縺ヲ縺上□縺輔>縺ュ縲

  • 螳カ縺ォ繝弱い繝ウ繝繧貞ソ倥l縺ヲ譚・縺。繧縺」縺滂シ∵ア励r縺九>縺ヲ縺励∪縺」縺溘i縺ゥ縺縺励h縺シ
  • 繝弱い繝ウ繝縺ッ繝ッ繧ュ縺縺代§繧縺ェ縺上√ョ繝ェ繧ア繝シ繝医だ繝シ繝ウ縺ォ縺縺」縺ヲ菴ソ縺医kシ

    縺ァ繧ゅ√◎繧薙↑譎ゅ↓髯舌▲縺ヲ謖√▲縺ヲ縺上k縺ョ繧貞ソ倥l縺溘j縺励∪縺吶

  • 螟門コ蜈医〒閾ュ縺縺梧ー励↓縺ェ繧翫□縺励◆繧峨∵ア励r諡ュ縺阪→縺」縺ヲ縺九i縺輔i縺ォ縺イ縺ィ蝪励j
  • Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved