HOME > その他 > 膀胱炎

排尿時の不快な感じがする膀胱炎、尿がにごる膀胱炎、血がまざることがある膀胱炎

トイレの後のジ〜ンとした痛み・・・さっき行ったはずなのに、また行きたい・・・・など、膀胱炎のありとあらゆる症状を改善する方法があるんです。私は、排尿時のズキズキした痛みに長年悩まされ続け、薬を飲んだり、通院をしたり、いろいろな治療法を試してきましたが、この方法でようやく、あの辛い膀胱炎の症状から抜け出すことができました。詳細はコチラから

クランベリーは、膀胱炎・尿道炎(尿路感染症)に効果があるとされ、注目を集めています。
摂取することにより、膀胱炎が改善され、再発率に限っては、最大73%も低下することが実証されています。風邪予防にも効果を発揮。是非お試し下さい。 詳細はコチラから

膀胱炎

【 症状・説明 】

膀胱は内面がやわらかい粘膜の袋で、尿の貯蔵庫である。
膀胱炎とは、膀胱内に細菌(大腸菌やブドウ球菌など)が侵入・繁殖することで炎症が起こる病気のこと。

膀胱で貯められている尿には少量の細菌がいるが、それがどんどん繁殖すると膀胱炎になってくる。
膀胱炎の症状としては、突然おしっこの後が痛い、尿に血がまじる、尿の回数が多くなる。

また、排尿時の不快な感じが前兆としてある。排尿が終わるときに、しみるような痛みを感じることが多い(膀胱の内側が敏感になっているために起こる症状)。

排尿の回数が極端に多くなり、排尿の終りごろに痛みがあり、排尿を終ったあとに残っている感じがあり、いつも下腹部に違和感があり軽い痛みがでてくる。

尿はにごったり、時には血がまざることがある。悪寒と一緒に高熱が出たり、腰痛がある場合は、炎症が腎臓に波及し腎盂腎炎になっていることがある。

【 原因 】

膀胱炎の原因は尿道からの細菌感染である。膀胱には細菌に対する抵抗力があるが、病気、ストレス、疲れているときなど抵抗力が弱くなった場合に感染しやすくなる。

女性の場合は、生理後も感染しやすく、尿道も男性に比べて短いため、膀胱炎が発病しやすいようである。

【 予防・対策 】

膀胱炎の予防・対策の3原則は「膀胱内で菌を増やさない」、「膀胱内に菌を入れない」、「身体の抵抗力を落とさない」こと。日頃の生活の中のちょっとした心がけで、防げることが解っている。数や白血球などの検査によって簡単に診断できる病気である。

膀胱炎の検査で、尿内の細菌採尿は、通常の尿検査のように採尿コップを使用することもあるが、女性の場合には、外陰部の雑菌や月経血などが混ざりやすいので、カテーテルにより、膀胱から直接採尿することもある。

膀胱炎のときには、かならず白血球、細菌が検出できるし、精子やトリコモナス、カンジダ、膣のなかで繁殖する細菌が検出できるときもある。腎臓や膀胱に、腫瘍ができたり結石があったりすると、真っ赤な血尿が出ることがある。

検査の結果、特別異常がみつからないのに膀胱炎と同じような症状をおこすことがある。これは膀胱神経症といい、心理的な要因が原因。

この場合には、精神安定剤を投与するなどによって症状は緩和してくるこのように、同じ症状があるからといってすべて同じ膀胱炎では片づけられず、膀胱炎以外の病気の可能性もあるので、必ず専門医に受診し、正しい治療が必要となってくる。

膀胱炎は多くの人が体験しているので、決して恥ずかしい病気ではない。1年間に何回も膀胱炎を繰り返したり、あるいは治りの悪い人は、一度専門の先生に診てもらうことをお勧めしたい。

日常の予防対策
@ 身体の抵抗力・免疫力を落とさない。細菌に負けない心身の状態を保つ。
⇒ ストレスや過労、過激なダイエットを避ける、風邪は早く治すなど。
A トイレを我慢しない。
B 水分を多めにとって、なるべくトイレに行く。
C 生理用ナプキンやおりものシートは、3時間以内に変える。
D 下半身を冷やさない。
E 外陰部を清潔に保ち、排便のときは前から後ろにふく。
F 過労に注意して、バランスの摂れた食事を心がける。
G 水分を多めに摂って、尿と一緒に菌を外に出すようにする。
H 膀胱炎が気になりはじめたら『クランベリー』を摂る。

膀胱炎の悩み解消に、『クランベリー』がお奨め

違和感や痛みが増してきて、慢性的に陥り易い膀胱炎。
抗生物質で一旦は、その症状を治めることはできても、できることなら、膀胱炎を改善・予防して、悩みから開放されたいものです。『クランベリー』が膀胱炎の悩み解消に、豊富な実績があることをご存知でしたか?

クランベリーの優れた抗菌作用・殺菌作用が、感染菌の増殖、膀胱炎の発症を未然に防いでくれます。そのほか、腎臓疾患の症状改善や高齢者の尿臭の軽減にも、『クランベリー』が、とても嬉しい役割を果たしてくれます。

また、『クランベリー』は、膀胱炎の辛い症状の緩和・改善だけではありません。
美肌効果をはじめ、風邪の予防、インフルエンザの予防効果も期待でき、その優れた薬効作用から、アメリカでは、多くの女性の生活必需品として定着しています。

現在日本でも、患者の自然治癒力を重視して抗生物質の処方よりも、副作用の心配の無い、自然の恵み『クランベリー』を奨める医師が増えてきており、膀胱炎には『クランベリー』の浸透が進んできています。『クランベリー』の効能効果を、詳しく知りになりたい方はコチラ


>>泌尿器科医学事典
>>性感染症(STD)の全て

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved