HOME > その他 > 高脂血症

カロリーのとりすぎ高脂血症、高脂血症がもたらす動脈硬化

高脂血症

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

高脂血症とは、血液中に溶けている脂質の値が必要量よりも異常に多い状態 をいう。
高脂血症は、血中脂質が異常に増加してもほとんどの場合におい て自覚症状がないのが特徴である。

血中脂質にはコレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸などがあ り、血液中に多い脂質の種類により高脂血症のタイプが決まってくる。

高脂血症は一般に血中の総コレステロール値が220mg/dl似上の場合を 指している。 (ただし、閉経後の女性は同年代の男性に比べて20mg/dl 高い240mg/dl以上)この10年間で高脂血症の割合は1.5〜2倍に増え、 40歳以上の男女とも20〜30%となっている。

コレステロールが高いだけでは、ほとんど何も認識することができず、あ る日突然、死に直面するような病気を突きつけられる。その引き金となる のが、高コレステロールのもたらす動脈硬化である。

【原因】

高脂血症の原因と最も深い関係にあるのは食事である。肉、卵、バターな どの動物性食品の脂肪の中に比較的多く含まれる飽和脂肪酸やコレステ口 ールは、血中の総コレステロール値を高くする。

また運動不足、食事からのカロリーの摂り過ぎ、遺伝による家族性高脂血 症などが原因にあげられている。

【対策】

血中の総コレステロール値が初めて220mg/dl以上(閉経後の女性では240 mg/dl以上)と判定された場合、数週間後にもう一度再測定する。再測定 でも高いときは高脂血症と判断される。

血中の総コレステロール値が220〜299mg/dlの間の人は、まず食事の改善 が必要である。また、肥満ぎみの人は、運動や食事のカロリー制限を行い、 肥満をコントロールすることも重要である。

血中の総コレステロール値が300mg/dl以上と極端に高い人は、遺伝的な 素質の関与する家族性高脂血症の可能性がある。このような人は食事療法 に加えて薬物療法の対象となってくる。

具体的な予防対策として高脂血症を改善するには、日常の食事の見直しが 必要であり、 コレステロールが多く含まれている卵の黄身や肉の脂身な どは控えめにし、バターやマヨネーズなどは使わずに植物性のドレッシン クを使うようすると良い。
また、野菜、大豆製品(納豆・豆腐など)は毎 日食べるようにする。野菜以外でも、コレステロールを体外へ出しやすく する作用がある食物繊維を多く含む食物(コンニャク、サツマイモ、キノコ 頬、海藻頬など)を積極的に摂りたい。

肥満ぎみの人は、食事だけでなく運動によるカロリー制限を行い、肥満を コントロールすることも重要ある。毎日、 20〜30分は早足で歩くなどの 運動が効果的である。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved