HOME > その他 > 胆石症

肥満や過食でおこる胆石症、ホルモンや薬の作用でおこる胆石症、ストレスが影響する胆石症

胆石症

【症状・説明】

胆石症の典型的な症状は、上腹部から右わき腹にかけて突然激痛が襲う疝 痛発作である。痛みは背中に広がることもあり発作は数分から数十分間隔 で波状的に襲ってくることが多い。

肝臓は、胆汁を生成し胆管を通して十二指腸に分泌して腸の消化吸収を 助け、不用な脂溶性の老廃物を体外にだす「排泄機能」を持っている。
こ の胆汁を、濃縮して貯蔵しているのが胆のうである。この胆のうと胆 管を合わせて胆道といい、胆道に胆汁中の成分が結晶となり、固体化し、 やがて石ができるのを胆石症、胆のう内にできたものを「胆のう結石」、 胆管にできたものを「胆管結石」という。
また、胆石も成分によってコレ ステロール系結石と、ビリルビンカルシウムが主成分の色素結石に分けら れている。

日本人の胆石保有率は、食生活の欧米化、すなわち脂肪の摂取量の増加 とともに増える傾向にあり、現在は15〜20%の人が胆石をもっている のではないかと推測されている。ちなみに胆石のうちコレステロール胆石 が80%、ビリルビン胆石が10%前後の割合を示しており、とくにコレ ステロール胆石は1対2の割合で女性に多い傾向が見られている。

最近では食生活の変化からコレステロール系結石が増えている。年齢と ともに胆石を持っている人は増え、40〜50歳代で4%前後、70歳代 では10〜20%。また、女性は胆石を持っている人が男性の2倍といわ れている。

【原因】

コレステロール系結石は、胆汁中のコレステロールが結晶になったものな ので、肥満や過食、アンバランスな食生活、ホルモンや薬の作用、ストレ スなどの生活習慣が影響しているといわれている。

色素結石は胆汁の成分 であるビリルビンに細菌などが作用してできたものである。

【対策】

胆石症は早期発見が重要となってくる。胆管にできた結石は石が小さくて も胆汁の流れを妨げるので症状が出やすいが、胆のうにできた結石は症状 が出ない場合もある。胆石を大きくせずに発作を未然に防ぐには、早めに 発見して薬などの治療を受けることが大切である。

また健診では、肝臓の検査や超音波検査やCT検査で見つけることがで きるので。年に一度は、生活習慣病予防健診を受けるように心がけること が大切である。
また胆石症は生活習慣の改善によって予防することができ るので以下の項目を気をつけることがお勧めである。

◆生活習慣改善アドバイス◆
1. 食べ過ぎ、飲み過ぎを避ける。
2. 規則正しい食事。
3. 栄養のバランスに気をつける。
4. 脂肪分を控える。
5. 食物繊維を充分にとる。
6. ストレスをためない。
7. 充分に休養をとる。
8. 太り過ぎないように注意する。

>>消化器科医学事典

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved