HOME > ダイエット方法の比較 > 発芽玄米でダイエット

発芽玄米でダイエット アミノ酸 ギャバ 食物繊維

発芽玄米でダイエット

発芽玄米とは?

発芽玄米とは、玄米を水に1〜3日浸し、胚芽部分が1mmほど発芽したものです。
発芽した玄米は、眠っていた玄米の酵素が起きて活発になり、特にアミノ酸が増加します。普通の玄米に比べて炊きやすく、消化吸収が良く、独特の甘味が出て冷めてもパサパサしないのが特徴です。

発芽玄米の健康効果・ダイエット効果は近年、特に注目されています。

玄米と発芽玄米の違いは?

玄米から発芽した発芽玄米は、一番変化するものとして、フィチン酸があります。
本来、玄米にはマグネシウム・カリ ウム・亜鉛・鉄・ビタミン等含まれています。玄米にはこれらの健康維持に欠かせない ミネラルが豊富なのにもかかわらず、フィチン酸によって吸収されにくくなっています。

ところが、発芽させることでフィチン酸の形態は変化し、ミネラル類の吸収力が上がります。

発芽玄米ダイエットのメカニズム

発芽玄米は、玄米を水に浸し、適度な温度環境で発芽させたもので、玄米・白米よりもエネルギー量が少なく、同量の食事でも発芽玄米のほうがダイエットに効果があります。これはエネルギーとなるデンプンが、発芽のために糖化されることでエネルギー量が減少するからです。

玄米から発芽という命が生まれるプロセスの中で、貯蔵型のエネルギーが活性型のエネルギーへと変化をします。具体的には、玄米の胚芽や胚乳(白米の部分)にビタミンが増加し、糖質が消化吸収されやすい状態に変化します。 この発芽した玄米の状態は非常に柔らかく、美味しく、しかもビタミンやミネラルの消化吸収効率が極めて高くなり、人間が食べたときの栄養価がぐんと上昇します。

これは、玄米の中のビタミン・ミネラルの吸収を妨げているフィチン酸が、発芽の過程の脱リン酵素の働きによって、リンとイノシトールに分解されるからです。このため玄米中のビタミン・ミネラルが大幅に吸収されやすくなっています。 ビタミン・ミネラル成分が効果的に吸収されると、体内組織を活性化し、ダイエットに不可欠な基礎代謝能力を上げます。つまり、太りにくく、リバウンドしにくい体質に改善するのです。

また、発芽玄米に含まれるアミノ酸は、脂肪の燃焼を促進します。 アミノ酸は、リパーゼという脂肪燃焼酵素を活発にします。リパーゼには、脂肪を分解し血中に放出することで、溜まっている内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる作用があり、それが脂肪燃焼という形であらわれます。
さらに発芽玄米に含まれ、アミノ酸の一種である『ギャバ(ガンマ-アミノ酪酸)』は、脂肪燃焼効果に加え、抑制性の神経伝達物質として働き、ダイエット中にありがちな過度の食欲やストレスを抑制します。

これら以外にも発芽玄米には、ダイエット・美肌の大敵「便秘」を防ぐ食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、満腹感を促す働きがあり、過食も防ぎます。糖代謝・インシュリンの分泌を抑える働きもあり、『低インシュリンダイエット』の要素も兼ね備えているのです。

つまり、発芽玄米は、白米・玄米に比べビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維が豊富に含まれており、人間にとって必要な栄養素がぎっしりつまった理想的な低カロリーダイエット食品なのです。

発芽玄米関連商品

ぴちぴち 発芽青玄米 1050g ぴちぴち 発芽青玄米 1050g

「ぴちぴち 発芽青玄米 1050g」は、栄養豊富な青玄米をにがり水で発芽させました。青玄米とは、育ち盛りの若い玄米のこと。これから成長するための栄養が豊富に含まれ、その上、小粒で白粒部分が小さく表皮が厚いため、食物繊維も豊富に含まれています。 本品は、その栄養豊富な青玄米を、にがり水で浸すことにより、日本人に不足しがちなマグネシウムがぐんと増加。さらに、発芽させることによって、ギャバ(γ-アミノ酪酸)や、うまみ成分であるアラニンも増加しています。パワーみなぎる美味しい玄米をお楽しみください。
武富勝彦の古代な十六穀米 500g 武富勝彦の古代な十六穀米 500g

「武富勝彦の古代な十六穀米 500g」は、緑米、赤米、紫米といった古代米に、キヌア、発芽玄米、胚芽押麦、ハトムギ、アワなどの雑穀を配合したおいしくてヘルシーな雑穀米。スローフードのノーベル賞といわれるスローフード・アワードを2002年に受賞した佐賀県の武富さんが日本古来の農法で栽培しました。栄養豊富な本物のスローフードです。
発芽玄米 120g*10袋 発芽玄米 120g*10袋

「発芽玄米 120g*10袋」は、お米と混ぜてご家庭の炊飯器で手軽に炊ける発芽玄米です。国内産の玄米を発芽させた後、蒸気加工してあるので、食感が良く、美味しくお召し上がりいただけ、水とぎの必要もありません。白米の6倍もの食物繊維、10倍ものγアミノ酪酸(ギャバ)、さらに、カリウム、亜鉛、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。
>>> その他の関連商品はコチラ! <<<

ダイエット方法の比較 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット

- 関連リンク -

Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved