HOME > ダイエット方法の比較 > 玄米でダイエット

玄米でダイエット 体質改善 美肌 便秘

玄米でダイエット

玄米とは?

玄米とは稲の一番外側の米の籾殻(もみがら)だけを除去したものです。
玄米からぬかを除き、胚芽を80%以上残したものを胚芽精米といいます。 精白米はぬかと胚芽を完全に取ったものです。精白米は、味は美味しくなりますが、ダイエット効果や栄養は減ってしまいます。

玄米の成分

米の栄養価のほとんどは、外皮、ぬか、胚芽にあります。玄米の表面の重要な栄養素を除いた精白米に比べ、ビタミンB1は4倍以上もあり、他にも食物繊維は5倍、カルシウムは2.5倍、ビタミンB2は2倍など、玄米の栄養価はかなり高いです。
つまり玄米は、少ない量を食べても精白米以上に栄養を得ることができるのです。

玄米ダイエットで体質改善

現代人の食生活は、精製されたお米やパンなど、本来必要であるはずの栄養素を取り除いてしまった食品や加工食品が多いのです。そしてそれが原因となり、ビタミン・ミネラル不足を引き起こし、結果として糖質・脂質代謝が十分に行われず、エネルギー代謝の低下が起こります。 これを補い、リカバーするのがビタミン・ミネラルを豊富に含む「玄米」なのです。

玄米には、タンパク質や糖質以外にもビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいます。特に胚芽部分にビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、葉酸などビタミンB群が多く含まれ、ビタミンB群は、糖質代謝・脂質代謝といった栄養素の代謝において補酵素(酵素の作用を補助する成分)として作用し、ダイエットに有効に働きます。さらに疲労を回復させ、健康な皮膚・美肌を保ち、ストレスに強い体をもたらします。 また、玄米の食物繊維は、糖質や脂質の体への吸収を緩やかにし、ダイエット・美肌の大敵「便秘」の改善に効果があります。

また、玄米の外皮に多いフィチン酸は、有害物質や脂肪を体外に出す働きがあると言われています。 さらに玄米は、精白米に比べ食感があり、よく噛んで食べるので、お腹が一杯になります。ご飯の量がいつもより少なくてすみ、過食を防ぎます。

玄米は中性脂肪を減少させるとも言われており、玄米食ダイエットには絶大な効果があるといわれています。ダイエットに、体質改善に、肌荒れ対策に、ぜひおすすめしたい健康ダイエット法です。

玄米関連商品

リブレフラワー(ホワイト) 500g リブレフラワー(ホワイト) 500g

「リブレフラワー(ホワイト) 500g」は、玄米を独自製法で高温焙煎し、25ミクロンに微粉末化しました。玄米にはγオリザノール、イノシトール、フィチン酸などさまざまな栄養素が含まれています。また、消化が良く、少量(10-30g)で簡単に玄米食できます。玄米の香ばしさがそのままなので、ミルクやヨーグルトに入れたり、パンやクッキーの材料にしたり多目的にご利用いただけます。
リブレフラワー(ブラウン) 500g リブレフラワー(ブラウン) 500g

「リブレフラワー(ブラウン) 500g」は、玄米を独自製法で高温焙煎し、25ミクロンに微粉末化しました。玄米にはγオリザノール、イノシトール、フィチン酸などさまざまな栄養素が含まれています。また、消化が良く、少量(10-30g)で簡単に玄米食できます。玄米の香ばしさがそのままなので、ミルクやヨーグルトに入れたり、パンやクッキーの材料にしたり多目的にご利用いただけます。
キッスビー 発芽玄米 まるごと粉末400g キッスビー 発芽玄米 まるごと粉末400g

「キッスビー 発芽玄米まるごと粉末400g」は厳選した良質の国内産玄米を発芽させ、高圧加熱製法でアルファ化したものを粉末にしました。発芽玄米の栄養をそのまま生かし、簡単・手軽に使用できる香ばしい粉末タイプの食品です。玄米の食べづらさが気にならず、主食や中食がわりとして、幼児、お年寄りのおかゆやスープに、ダイエット、美容食としてもご利用ください。

ダイエット方法の比較 一覧

食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット

- 関連リンク -

Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved