HOME > 癌(がん) > 歯肉がん

口腔内の不衛生歯肉がん、虫歯を放置歯肉がん

歯肉がん

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

歯肉がんは歯茎にできるがんである。臼歯部の歯肉にできるものがほとん どで、40歳以上の人に多くみられる。

がんの初期は、歯茎の炎症と似た症状を示す場合や、こぶのようなものを つくるものなどがあるが、進行するとこぶ上のしこりとなって潰瘍ができ、 悪臭を放ったり、神経痛のような痛みをともない、出血することもある。
更に進行すると、顎骨へ広がり骨を破壊するので、歯がゆるんだり、抜け 落ちたりする。また、リンパ節などへ転移することもある。

症状や見た目が口内炎などと似ているため間違われやすく、がんが進んで しまうケースも少なくない。

【原因】

タバコやアルコールの刺激や、虫歯や、歯石、歯に入れてある金属がひっ かかったりして、常に歯ぐきを傷つけ続けていると、それが原因でがんに なる。また、口腔内を不潔にしていると、それが引き金になりやすい。

慢性炎症、歯が原因で慢性の炎症が長く存在すると、がん化することがあ る。炎症とがんの発生とは一定の関係があって、活性酸素などの影響でが ん化の下地を作っていると考えらる。このような原因がそれぞれ単独では なく、複合して歯肉がんが発生する。

以上のことからも歯肉がんの原因は、遺伝的要因というよりも、環境的要 因が強いと考えられる。

【対策】

歯肉がんには、まず生活習慣と食生活から予防したい。 口腔内衛生に気をつけ、食べた後に歯を磨く習慣をつけるなど、虫歯や細 菌感染を予防し、常に清潔にする事が大切である。

ほかにも改善できる生活習慣では禁煙があり、お酒を飲みすぎない、バラ ンスのとれた食事をし、決して食べすぎず、適切な運動・休養をとること を心がける。

特に食べ物では、過度に熱いものや冷たいもの、多く香辛料が入っている もの、高塩分食品は避けること。ビタミンやカルシウム、繊維質・緑黄色 野菜などを積極的に摂り、がんを抑える作用があるといわれる大豆食品( 豆腐など)もたくさん摂るようにする。

また、近年がんの発生要因とされている「活性酸素」を抑える物質を多く 含む食品を摂ることも有効ながん予防策である。活性酸素を消去する物質 としては体内で作り出される抗酸化酵素と食事等から摂取する抗酸化力の あるビタミンA(β―カロチン)・C・E・B群やポリフェノール、カロ チノイド、イソフラボン、プロポリスなどがある。特にプロポリスは抗酸 化作用のほか、高い抗菌・抗炎症作用がある。

>>歯周病リンク集

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved