HOME > 癌(がん) > 肺がん

タバコが原因肺がん、排気ガスが原因の肺がん

肺がん

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

近年、高い増加率で増えているのが肺がんである。肺には多数の毛細血管が走っているために、血液中にがん細胞が侵入して全身に転移を起こしやすい。

肺がんは、肺内に木の枝のように広がっている気管支の粘膜からできる悪性のコブである。がんの種類はがんの細胞の形によって扁平上皮がん、腺がん、未分化細胞がんに分けられる。

初期には、ほとんど自覚症状はない。しかし進行してくると、せき、血痰、胸痛、体重減少、発熱、呼吸困難、などがあらわれる。さらに進行すると疲労感が強くなり、どんどんやせて顔色が悪くなるという症状も出てくる。

また、がんが他の臓器に転移するようになると内分泌系に異常が現われ、ついには全身が衰弱して死に至る。肺がんは早期発見が治癒の決め手となる。初期の肺がんは、自覚しにくく、定期健診やがん検診は早期治療による治癒の可能性を高めるという大きなメリットがある。

【原因】

はっきりとした原因はわかっていないが、肺がんの発生を促す要因としてまずタバコがあげられる。タバコにはベンツビレンを始めとする数千種類の発がん物質が含まれている。タバコ以外にも、排気ガスや工場の煤煙などから肺がんを発生させやすいといわれている。

年齢的には40歳以上の人に多くみられるが、男性は女性の3倍も肺がんになりやすいという統計がある。しかし最近は、女性の喫煙者の増加にともない、女性の肺がん患者も増えている。

【対策】

肺がん予防の第一は禁煙である。タバコは肺がんだけでなく、あらゆるがんの発生要因となっている。禁煙をして、栄養価の高い食品を積極的にとり、適度な運動を心がけることが、肺がんをはじめとするあらゆるがんの予防になる。肺がん予防に効果のある食品としては、サツマイモ、カボチャ、柑橘系の果物があげられる。

また、近年がんの発生要因とされている「活性酸素」を抑える物質を多く含む食品を摂ることも有効ながん予防策である。活性酸素を消去する物質としては体内で作り出される抗酸化酵素と食事等から摂取する抗酸化力のあるビタミンA(β―カロチン)・C・E・B群やポリフェノール・カロチノイド、ウコン、イソフラボンなどがある。

特にウコンの主成分クルクミンには、タバコの有害物質を体内から排出させる作用や、肺がんを抑制することが確認されている。

肺がんは自覚症状が無いため、早期に発見されにくい。40歳以上になったら早期発見のため定期的に検診を受けることが大切である。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved