HOME > 癌(がん) > 胃がん

胃炎が慢性化の胃がん、胃潰瘍が慢性化の胃がん、死亡率が高い胃がん

胃がん

【症状・説明】

日本では、肺がんに次いで胃がんによる死亡率が高く、とくに50歳代以降に多くなる傾向がある。

胃がんは進行状況によって、がんが粘膜内にかぎられている粘膜ガン、粘膜下層まで進行した粘膜下層ガン、筋層まで進んだ筋層ガン、胃の外面を含む漿膜まで広がった漿膜がんに分けられる。

粘膜ガンと粘膜下層ガンは早期がんといわれ、手術で治る場合が多いが、筋層がん・漿膜がんになると、胃の周囲にある脂肪組織や腹膜のほか、肝臓、膵臓、直腸、卵巣、肺などの臓器に転移する可能性が大きくなり、完全に治る見込みが少なくなる。

初期にはほとんど症状はない。あっても、胃の鈍痛・膨満感・食欲不振・倦怠感などで胃がん特有の症状ではない。しかし、ある程度進行すると、胃部の不快感や痛み、吐き気、食欲不振、貧血や体重の減少がめだってくる。また、たえず鈍痛を感じたり、胃に腫れ物があるのが分かるようになったりする。

胃がんは早期発見が治癒の決め手となる。初期の胃がんは、自覚しにくく、定期健診や胃がん検診は早期治療による治癒の可能性を高めるという大きなメリットがある。

【原因】

胃がんの原因の決定的なものはわかっていない。胃炎・胃潰瘍などが慢性化して、胃粘膜細胞が破壊・再生を繰り返していると、がん細胞の発生を招くと考えられている。

また、日本人の食生活が胃がんの発生を促すといわれている。塩分の多い食事、熱すぎる料理、焦げのついた食物を摂ることや、過食や早食い等も胃がんのリスクを高めるといわれている。また、飲酒量や喫煙量の多い人も危険性が高い。

近年、胃の中に住むヘリコバクター・ピロリと呼ばれる細菌が、胃がん発生との関連が強いと注目されている。

【対策】

胃がんの発生に大きく関わっているものに食生活あげられる。しかも、私たちが毎日食べているすべての食物には、わずかながら発がん物質が含まれている。色々な食物の中で特に発がん物質の多い食品を、たくさん食べないようにしたり、また習慣的に食べることをやめることが、胃がんの予防につながる。また、胃がんの危険要因である塩分やアルコールを大量に摂ることは避け、むやみに熱いものを急に胃の中に飲み込んだりすることもよくない。反対に、胃がんの発生を抑制するものに緑黄色野菜や牛乳、大豆食品、果物などがある。色々な食物をバランスよく食べることと、禁煙するだけでも相当の予防になる。
ストレスを上手に発散し、適度な運動を行い、規則正しい生活を心がけることや、食事に気を使う等の日頃のがん予防が重要である。
さらに、近年がんの発生要因とされている「活性酸素」を抑える物質を多く含む食品を摂ることも有効ながん予防策である。活性酸素を消去する物質としては体内で作り出される抗酸化酵素と食事等から摂取する抗酸化力のあるビタミンA(β―カロチン)・C・E・B群やポリフェノール、カロチノイド、フコイダン、イソフラボンなどがある。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved