HOME > 脳の病気 > 老人ぼけ・痴呆・アルツハイマー病

物忘れの老人ぼけ、記憶障害の痴呆、脳に炎症脳機能低下アルツハイマー病

老人ぼけ・痴呆・アルツハイマー病

【症状・説明】

老人の脳の老化には、生理的な老化(老人ぼけ)と病的な老化(痴呆)がある。老人ぼけでは、痴呆とは異なって、老人は自分の記憶の低下を自覚しているが、痴呆(脳血管性痴呆)では判断や理解についても障害があり、日常の生活にも支障をきたすようになる。

症状としては知能の低下、記憶の障害、性格の変化などが現れる。特に痴呆のうちでもアルツハイマー病では、物忘れがひどくなって、初めて気づくことがほとんどだ。
極端にいうと、アルツハイマー病では、過去に知っていた事柄を思い出せなかったり、新しい出来事も覚えられなくなるなどの障害が、認められるようになる。

アルツハイマー病は年々増加し、高齢者以外でも50代の比較的若い時期に発症する人も増えている。

痴呆の約50%はアルツハイマー病といわれ、最初は物忘れ(記憶障害)からはじまり、放っておくと日常生活における動作が鈍くなる、怒りっぽくなる、徘徊したりする、問題行動や物を盗られたと思い込む物取り妄想等の精神症状がでてくる。

【原因】

老人ぼけ・痴呆においては、脳の細動脈に発生した動脈硬化による微小な梗塞によって脳細胞が変性・懐死することによる場合と、脳の萎縮による場合とがある。高血圧者に多い。

またアルツハイマー病では、老人班というシミができ、脳に炎症が起きて神経細胞が死滅することにより脳機能が低下するもので、脳の血管が詰まる脳血管性痴呆と区別される。

偏食の人はアルツハイマー病なりやすい。肉が好きで、特に緑黄色野菜(ブロッコリーや人参)や魚の嫌いな人は統計的にアルツハイマーが多い。また喫煙はアルツハイマーになる危険度を倍増させる。

【対策】

ぼけ、痴呆、アルツハイマー病の対策としては、まず食事面で気を付けたい。栄養バランスのとれた食事で量より質を重視する事。
たんぱく質や、ビタミンEをはじめとしたビタミン類をバランス良く摂る事により、血液の浄化や血管を丈夫にし、脳の活性化を促す。

最近のアルツハイマー病の研究の中で、活性酸素(非常に攻撃力の強い酸素)が関与しているとの報告がある。従って緑茶やビタミンC・Eなどの抗酸化作用のある食品を摂ることも予防の手助けになると考えられる。
また遠足歩きのような適度な運動をおこなったり、趣味を見つけ楽しく暮らす。心も体も健康になるような生活をすることが若さを保つ最良の薬となる。

特に高齢の女性は、同年齢の男性よりアルツハイマー病の発生率が高いため、よりいっそう心と若さを保つことが大切である。

ヨーロッパでは、ぼけ・痴呆・アルツハイマーなどの疾患に、イチョウ葉を使用している。イチョウ葉に含まれている、ギンコライドBは、血液循環促進に非常に効果の高い成分である。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved