HOME > 脳の病気 > 脳出血

高血圧が原因の脳出血、血のかたまりができる脳内出血、くも膜の間に出血するくも膜下出血

脳出血

アガリクス=ヒメマツタケ
37種類もあるアガリクス種の中で唯一科学的根拠があるキノコそれがこの「ヒメマツタケ」なんです。 日本ガン学会や日本薬理学会をはじめ、80報告以上もの研究発表がされている科学的根拠に裏付けされた「ヒメマツタケ」を選んで頂きたい
国産の姫マツタケ7日間トライアルを期間限定で発売開始!

脳出血は、高血圧や動脈硬化が進むと、もろくなった血管が圧力で破れ出血し、血液が脳組織の中に侵入して脳の機能に障害が起こることをいい、突発的で死亡率の高い疾患である。

さら脳出血は、脳の内部で細かく枝分かれしている細小動脈が破れて出血し、脳の中に血のかたまり(血腫)ができる「脳内出血」と、脳の表面を覆っている軟膜とその外側のくも膜の間に出血する「くも膜下出血」の2つに分けられる。

そして生活習慣が起因して起きるのは主に前者の「脳内出血」である。

脳出血は、脳のどの部分にどの程度の出血が起きるかによって症状に違いがあるが、多くの場合、気分が悪くなり、頭痛、めまい、吐き気などを訴え、吐いたり、失禁してしまうことがある。
重症の場合には、昏睡状態に陥り、いびきをかき、そのまま死亡してしまうこともある。

比較的軽い場合でも、半身に起きる顔面や手足の麻痺、言語障害、感覚の麻痺や過敏症、意識障害などを引き起こし、回復した後もこれらの症状が後遺症として残ることが少なくない。

【原因】

脳出血のほとんどは高血圧性脳出血であるので、原因の大部分は高血圧といえる。
高血圧の状態が続くと、細い血管は常に張りつめた状態のため、しだいに柔軟性が失われ、動脈硬化が進む。
そのもろくなった血管に血液がたくさん流れ込むと、内側から外側に強い圧力がかかり、血液成分が血管壁にしみ込み、血管が瘤(こぶ)をつくったり、破れやすくなる。

このため発作は睡眠時よりも、血圧の変動しやすい日中の活動時に起きることが多く、急に寒いところに出た時や、興奮した時に起こりやすいという特徴がある。

また高血圧以外にも、先天的な動脈の奇形や、脳出血を起こしやすい全身性の変化(低コレステロール)が引き金になることもある。
この他、血管腫、動静脈瘻、白血病、脳腫なども原因となる。クモ膜下出血は、若い人に起こる場合は、脳動静脈奇形からの出血が原因になることが多く、40歳以上の人は脳表面の動脈に瘤(動脈瘤)があり、それが破れて起こることが多い。

成人型モヤモヤ病また原発生以外の原因として脳外傷等があるがわずかである。

【対策】

脳出血の一番の原因が高血圧であるので、食事や運動など生活習慣を見直すことが第一歩となる。塩分を控えめにし、ナトリウムの排泄を促すカリウムを多く含む食品(りんご、枝豆、バナナ、カボチャなど)を摂る。
また、血圧を下げる作用があるといわれるカルシウムを豊富に含む食品(乳製品など)、マグネシウムを豊富に含んだ食品(焼きのり、昆布、ごまなど)を食べる。特に動物性脂肪やコレステロールを多く含む食品(肉類など)を控えめにし、アジやサバ、イワシなど青背の魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸を積極的に食べる。そして、適度な運動など日常的に積極的にからだを動かし、太り過ぎに注意する。充分な睡眠と休養でストレスを解消することも大切だ。お酒の飲みすぎや、喫煙も高血圧につながるので控える。

J-Medical 全カテゴリ一覧

脳の病気
脳梗塞脳出血ぼけ・痴呆・アルツハイマー病
心臓の病気
心筋梗塞狭心症心不全
肝臓の病気
肝硬変肝炎
腎臓の病気
腎硬化症腎不全腎結石ネフローゼ症候群
消化管の病気
下痢便秘 胃下垂急性胃炎慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍急性腸炎慢性腸炎過敏性腸症候群胃ポリープ
目の病気
白内障緑内障黒内障
自己免疫の病気
リウマチアレルギー性の疾患気管支ぜんそくアトピー性皮膚炎
癌(がん)
がん(一般)胃がん肺がん肝臓がん大腸がん脳腫瘍膵臓がん舌がん歯肉がん咽頭がん喉頭がん膀胱がん前立腺がん乳がん
女性の病気
生理不順生理痛子宮筋腫子宮内膜症子宮内膜炎子宮がん乳がん不妊症
その他
直腸炎胆石症高血圧症高脂血症動脈硬化症糖尿病骨粗しょう症じんま疹みずむしたむし膀胱炎前立腺肥大症尿道炎膀胱結石尿道結石睾丸腫瘍ものもらい霰粒腫ただれ目白内障メニエール病蓄膿症にきび/おでき/ひょう疽急性気管支炎慢性気管支炎椎間板ヘルニアぎっくり腰不整脈甲状腺機能亢進症五十肩腕神経叢まひ更年期障害低血圧症食物アレルギー薬品のアレルギー過敏性肺炎慢性肝炎胆嚢炎胆管炎神経痛ビタミン欠乏症ビタミン過剰症白血病悪性リンパ腫肥満症変形性膝関節症喘息肺炎花粉症インフルエンザうつ病尿失禁片頭痛メニエール症候群社会不安障害(SAD)
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
食材の栄養講座
〜知って少しだけ健康に〜【全20回】

メールアドレス: (無料)
医学・健康情報サイト J-Medical トップページへ

- SubMenu -

健康食品 ビタミン・ミネラル食材の栄養ダイエット
Copyright © 2007 j-medical.net All rights reserved